Hanako日記

私が本好きになったきっかけ

 

「私が本好きになったのは、おじいちゃんのおかげだなぁ」と、時々、亡くなって20年以上経つおじいちゃんのことを思い出します。

私が物心ついたころから、よく本を買ってきてくれました。

保育園に通うころは絵本。

小学校に通う頃は少女文学全集と、「小学〇年生」という月刊誌。

中学校からは日本の文学全集。

それを月に一度、仕事帰りに本屋で買って、夕食時に渡してくれるのです。

おじいちゃんが本を買ってきてくれた日は嬉しくて、晩御飯もそこそこに部屋へ戻り、本の最後まで一気に読んでいました。

 

私は本を読み始めると夢中になり、まわりの音が全然聞こえなくなります。

それは大人になった今でも同じで、漫画でも本でもそうなります。

しかもそのときは、かなり険しい顔をしているらしいです(夫談)

あるとき、私が少年ジャンプを読んでいたときですら(!)眉間にしわが寄っていたらしく、「すっごい顔してるよ」と夫が教えてくれました。

私は「まさか漫画を読んでいて険しい顔なんて」と信じていなかったのですが、夫がこっそり撮った写真を見ると、そこには確かに、おそろしく険しい顔でジャンプを見ている私が写っていました…。

おかしい。

そのときは、確か笑える漫画を読んでいたはずなのになぁ。

 

…話が脱線しました。

そう、本を読み始めると、まわりの音が聞こえなくなって、その本の世界に入り込みます。

それは、すごく楽しい体験です♪

テレビや映画では味わえない世界。

そして本は、私の知らないことをたくさん教えてくれ、世界をぐーんと広げてくれます。

本を好きになって良かった。

 

本の世界の楽しさを知るきっかけをくれたおじいちゃんに、とても感謝をしています。

 

今度は私が、少しでも絵本の楽しさを伝えられる側になれたらいいな。

一緒に本の世界を味わえる人が増えたらいいな。

そう思いながら、読み聞かせをしています^^

 

あ、読み聞かせのときは、にこにこしながらしているのでご心配なく♪

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-Hanako日記
-,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5