4・5歳おすすめ絵本

『どんなにきみがすきだかあててごらん』4歳~あらすじ・読み聞かせ時間

どんなにきみがすきだかあててごらん」は、1995年に発行されました。

贈り物にしたい絵本】としても人気です^^

 

今回はこの「どんなにきみがすきだかあててごらん」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
7歳娘も、お気に入りですよ♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間5分 30秒

対象年齢4歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

 

仲良しのチビウサギとデカウサギ。2匹はいつも一緒です。

「どんなに、きみがすきだか あててごらん」

チビウサギが聞きました。

「そんなのわからないよ」というデカウサギに向かって、チビウサギは腕を思いっきり伸ばして言います。

「こんなにさ」

すると、デカウサギは言います。

「ぼくは、こーんなにだよ」

確かに、デカウサギの腕はチビウサギよりもずっと長いのです。

チビウサギは、もっともっとデカウサギへの気持ちを伝えようとします。

するとデカウサギは……?

 

魅力1.気持ちを伝えようと一生懸命なチビウサギが愛らしい

「どれだけきみが好きか」をデカウサギに伝えたくて、腕を必死に伸ばしたり、飛び回ったりするチビウサギ。

その、自分にできる精一杯で相手に伝えようとする姿が、本当にいじらしく愛らしいです^^

 

Hanako
こんなにも「だいすきー」って伝えてもらえるなんて、幸せなことですよね

 

魅力2.お互い大好きな2匹の関係があったかい

気持ちを伝えたくて一生懸命なチビウサギを、いつもにっこりしながら受け止めているデカウサギ。

でも、デカウサギだってチビウサギのことが大好きなんです♪

ついつい「ぼくはこーんなにだよ」と、チビウサギに対抗するように伝えてしまうんですよね。

どれだけ相思相愛なんですか~(笑)

 

Hanako
この絵本を読んだ後は、いつも娘と一緒にチビウサギとデカウサギになって「ぼくはこんなに大好きだよ」と伝えあっています

 

魅力3.何度も何度も読みたくなる優しいことばと絵がいい

この絵本の絵は、とてもやわらかで透明感のある色彩とタッチで描かれています。

豊かな自然に囲まれた世界は、ゆったりと時が流れていくようです。

 

その穏やかな世界で、「ぼくのほうが、こんなにすきだよ」というやりとりの繰り返しは、子どもたちにとっても心地よいものなのでしょうね^^

 

Hanako
この絵本を読むときは、自然とゆっくりになってしまうんですよね

 

まとめ

どんなにきみがすきだかあててごらん」の紹介をしました。

この絵本を読んでいると、ストレートに好きな気持ちを伝えることって素敵なことだな、と思えます^^

子どもたちやパートナー、友人たちにも、しっかり気持ちを伝えていきたいものですね。

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-4・5歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5