0・1歳おすすめ絵本

ユーモアたっぷり1歳向けおすすめ絵本「たべたのだあれ」一緒に探そう

「この絵本の発行はいつだっけ?」と、絵本の後ろを確認してびっくり!

「1977年発行 2004年第103刷発行」となっていました。

そんなに前からある絵本だったなんて驚きです。

本当によい、子どもに人気の絵本って、全然古さを感じさせないのですよね。

この絵本も、何回読み聞かせをしたか忘れるほど、毎年読んできました。

 

今回はこの「たべたのだあれ」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
ぜひお子さんと一緒に読んでみてくださいね♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  1分   40秒

対象年齢:1歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

見開き左のページには、おいしそうなさくらんぼの絵が。

「さくらんぼ たべたの だあれ?」

見開き右のページを見ると、象が2頭います。

よーく見てみると、あれあれ、1頭の象のしっぽがさくらんぼになってる!

さくらんぼ食べたのは、こっちの象だ!

次はライオン、牛、魚、猫…と、いろいろな動物たちが登場します。

きみは、どっちが食べたのか、わかるかな?

 

魅力1.色がはっきり・繰り返しの言葉で赤ちゃんにもぴったり

五味太郎さんのイラストは、シンプルで色もはっきりしているので、赤ちゃんや1歳くらいの子どもにぴったりです。

(先日6歳の娘も久しぶりに見て、「面白い~」と言っていました)

繰り返しの言葉で字も少なく、ゆっくりと読んであげるのにもいい絵本です。

 

Hanako
0.1歳向けの絵本の選び方や、コツなどをコチラ↓でもご紹介しています。

 

こちらもCHECK

赤ちゃん 絵本 おすすめ 0歳
保育士監修!赤ちゃん大好き 0歳におすすめの人気絵本12選

「読み聞かせがいい」と聞いたことがあるけれど、0歳の赤ちゃんにはいったいどんな絵本を読めばいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。 0歳向け絵本の選び方のポイントは以下の3つです。 &nbsp ...

続きを見る

 

魅力2.こんなところにアレが!?ユーモアあふれるイラスト

「いちごを食べたのはどのライオン?」と探してみると…あれれ、1頭のライオンの鼻がイチゴに!

動物が食べた食べ物が、あるときはしっぽ、またあるときは目玉、そしてまたあるときはおなか、など、子どもが探してみつけるのにちょうどよいレベルで絶妙に隠されています

また最初の見返しにいる動物が、後ろの見返しになると体の一部が食べ物に変わっているのも、絵本をよくよく見た人だけがわかる仕掛けとなっていて楽しいです^^

 

「あ、ここー」「みつけた~!」って一緒にさがすの、楽しい♪

 

魅力3.「どこかな~?」子どもと一緒に探せる参加型絵本

「さくらんぼはどこかな?」「……ぞうさんのしっぽ!」

食べ物を食べた動物がどれか、親子で楽しく一緒に探して、「あった!」と子どもが見つけたときの嬉しそうな顔♪

じっくりお話の世界を楽しむ絵本もいいけれど、こんな風に子どもと一緒に楽しむ参加型の絵本もいいものです^^

実は、中表紙の一羽のカラスに始まり、絵本をめくるたびに動物達の数が少しずつ増えているんですよ♪

動物の数を子どもと一緒に数えて、数に親しむこともできますね。

 

Hanako
子どもが10人くらいの読み聞かせでしたらギリギリいけるかもしれませんが、

やはりお膝に抱っこや、肩がくっつくくらいの距離で読むのに向いている絵本です

 

まとめ

「きんぎょがにげた」でも人気の五味太郎さんの「たべたのだあれ」

「よくこういう発想が浮かぶなぁ」と、毎回感心しながら読んでいます。

一番最後の「アイスクリームをたべたのだあれ」では、子どもたちが絶対「う〇〇だー!」と反応するんですよ(笑)

それも五味太郎さんの狙いどおりなのかな^^

「たべたのだあれ」、おすすめです。

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-0・1歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5