Hanako日記

人生初!鼻から胃カメラ

今日は、人間ドックに行ってきました。

久しぶりに脳のMRIをしたり、体重・身長を測ったり、婦人科検診をしたり。

 

Hanako
順番待ってる間に、本を読もう~♪

 

と思って、2冊用意していたのですが、すぐにいろいろな検査で呼ばれるので、結局1冊しか読めず^^;

 

 

……今回のメインイベントは、「胃部内視鏡(経鼻)」=「鼻から胃カメラ」。

 

10年くらい前に、口から入れるタイプの胃カメラを経験したことがありますが、ちょっとしんどかったので、その後は「胃のバリウム検査」にしていたんですよね。

 

久しぶりの胃カメラ。

しかも、今回は「鼻」から。

 

少し、いえ、かなりドキドキでしたが、

「口から入れる胃カメラよりは、管が細いのでラク」

と聞いていたので、思い切って鼻を選んでみたのです。

 

しばらくして名前を呼ばれ、中に入ると、最初にリクライニングシートみたいなところに座るよう促されます。

ここで両鼻に、目薬のような何かを入れられ、待つこと数分。

 

右と左のどっちが、息が通りやすいですか~?

 

と看護師さんに聞かれて、スーハー確認しましたが、ちょっとよくわからないような……。

どっちかというと左かなぁ、と思って伝えると、おもむろにCD (!) の鏡面を鼻の下に当てられて、

 

はい、フンーって鼻から息出して~

 

と、息の出方を確かめられました。

間違いなく、左の方がよく通っていたようです。

 

その後、どろりとした麻酔薬を、スポイト??のようなもので、鼻から入れられました。

 

その薬がじわーっと喉まで降りてきて、なんだか喉がしびれてヘンな感じ^^;

ここで7分くらい待機。

 

そして7分後。

いよいよ中に通されてベッドに横になり、本当に検査の管が鼻から通るかどうかをチェック。

(ここで管が通らなかったら、「口から入れる」に変更とのこと)

これはOKとなり、ついに本番用の管が、私の左の鼻の穴から入ってきました。

 

Hanako
うえぇーーーーー! 口からほどじゃないけど、やな感じーーーーー!

 

ちょっとこれ、ガマンできるかなぁ(涙)と思っていたそのとき!

 

そっと、誰かが私の腕をさすってくれているのを感じました。

 

きっと、そばについておられた看護師さんなのでしょう。

やさしく、あたたかな手で、そーっとそーっと、さすってくださっているのです。

 

その手のぬくもりに、管が喉を通っていく苦しさが、不思議なくらい軽減されます。

 

Hanako
ああ、ありがたい……

 

人の手のぬくもりって、こんなにも癒されるものなんだなぁ、と、しみじみ。

 

今日は、人生初の「鼻から胃カメラ」も印象的でしたが、一番心に残ったのは、

手のぬくもりの癒し力

でした。

どんなに医療やAIが発達しても、このぬくもりを作り出すことはできないだろうなぁ。

 

もしも辛い思いをしている人がいたら、そっと背中をなでてあげるだけでも、ずいぶんと救われるのでは、と思いました。

 

さて。

昨夜の21時から今日の13時まで絶食をしていた私。

頑張った(!?)ごほうびは、こちらです↓

 

 

昨夜の「マツコの知らない世界」に、ゲストで来ていたミッチーが推しまくっていた、ナポリタン♪

そりゃーもう、観たときからすっかりナポリタン気分ですよ(笑)

 

美味しく堪能させていただきました^^

 

……次回からは、バリウムにしよ。

 

ありがとうございます。

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-Hanako日記
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5