0・1歳おすすめ絵本

「いちにちこんちゅう」1歳~|あらすじ・読み聞かせ時間

 

2016年に発行された「いちにちこんちゅう」。

昆虫大好きな子だったら一度は考えるであろう、

ぼくも〇〇(昆虫)になってみたいな

を叶えてくれる絵本です^^

 

今回はこの「いちにちこんちゅう」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
いろいろな昆虫が出てきて、それぞれにオチがある絵本です。ページをめくるたびに楽しめますよ♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間2分 20秒

対象年齢:  1歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

こんちゅう、ってカッコいいなぁ。

よし、ぼくも1日、こんちゅうになってみよう。

最初はカブトムシだ!

でも……イテテテテッ!クワガタにはさまれちゃったよ~。

次は、アリ!

家の中が、迷路みたい~~。

次は何になろうかな♪

 

魅力1.ユーモアたっぷり・昆虫の世界

昆虫好きな男の子が、

もしも自分が〇〇だったら……?

と想像しています。

なぜかドヤ顔のカブトムシが、次の瞬間、クワガタにはさまれてジタバタしたり、アリになって、地面の中にある迷路のようなお家の中をさまよったり。

大変だけど、楽しそう♪

 

かわしまななえさんが描く「昆虫になったぼく」の表情が、とっても豊かでおもしろくて、どんどん引き込まれます^^

 

Hanako
子どもたちにも、人気の絵本なんですよ

 

魅力2.昆虫の特性がわかりやすい

たとえばアリは、地面の下に、長い通路といくつもの部屋がある家を作ります。

そして、ちょうちょは花の蜜を吸い、フンコロガシは、後ろ足でフンを転がします。

 

この絵本のお話や絵はとってもユーモラスだけれど、それぞれの昆虫の特性はきちんと描かれているので、子どもと一緒に読んでいて感心することも。

 

Hanako
絵本の見返し部分には、絵本には描かれていない昆虫の特性が書いてあって、「へぇぇ」と思うこともあります

 

魅力3.キミは何の昆虫になりたい?

物語の絵本など、子どもは読み聞かせが終わってからも余韻にひたっているので、「どうだった?」など、すぐにあれこれ質問しない方がいいです。

けれど、この絵本は別です^^

2歳以上の子どもたちであれば、

あなただったら、どんな昆虫になりたい?

と聞いてみると、

わたしはちょうちょ!

ぼくはトンボ

などと、元気な声が返ってくるでしょう。

 

想像力を刺激してくれる絵本なので、子どもたちと一緒に楽しくイメージして、絵を描いてもいいですね♪

 

Hanako
あなただったら、どんな昆虫になりたいですか?

 

まとめ

いちにちこんちゅう」のご紹介をしました。

昆虫大好きな子も、ちょっと苦手な子も楽しめる絵本ですよ^^

 

「いちにちこんちゅう」以外にも、

・「いちにちどうぶつ」

・「いちにちぶんぼうぐ」

・「いちにちうんち」

など、たくさんの「いちにち」シリーズがあるので、そちらも手に取ってみられてはいかがでしょうか^^

おすすめです。

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-0・1歳おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5