読み聞かせ

六年生の朝読に行ってきました

今朝は、子どもたちが通う小学校へ、朝読に行ってきました。

「朝読」では、朝8時10分からの15分間、子どもたちに絵本の読み聞かせをします。

いつもは各クラスに一人ずつ、ボランティアメンバーが行って絵本を読むのですが、

昨年から、コロナ対策のため、パワーポイントで絵本の絵をクラスの電子黒板に写してもらって、私たちは放送室から校内放送をしています。

 

今朝、6年生に読んだ絵本は、この3冊

 

 

ねこはるすばん」は、猫の表情や行動がとっても面白く、精密に描かれた絵もきれいです。

おおかみのおなかのなかで」は、絵は色が地味ですが、お話が面白くて、次にどうなるのかまったく予想できないところがいいですね。

おしっこちょっぴりもれたろう」は、以前このブログでもご紹介しましたが、クスリと笑いながらも、「あー、あるよね」と共感できる絵本です。

 

1年生の朝読のときは、子どもたちの反応がとってもわかりやすいのですが、6年生にもなると、みんなしずかーに聞いてくれます。

今日の絵本、みんなどうだったかな。

6年生息子が帰ってきたら、感想を聞いてみようと思います^^

 

追記:先ほど、息子が帰ってきました。

私が感想を聞く前に、

今日の絵本、全部おもしろかったよ~。

クラスのまわりのみんなも、おもしろかったね、って話してた

と教えてくれて、ほっと一安心。

よかった^^

 

早く、みんなの前で絵本を読めるようになりますように。

 

参考大人も子どももウケる「おしっこちょっぴりもれたろう」オチも秀逸

「りゆうがあります」 「りんごかもしれない」で有名な、ヨシタケシンスケさんの絵本です。 なかなかインパクトのあるタイトルなので、私も初めに目にしたときには「いったいどんな内容なんだろう?」と思いました ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-読み聞かせ
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5