2・3歳おすすめ絵本

【おすすめ絵本】優しくてほのぼのと癒される「どうぞのいす」

 

絵本「どうぞのいす」が発行されたのは、1981年。
今から39年も前に生まれて、それからずっと子どもたちの心をつかんでいるロングセラーの絵本です。
今日は、この「どうぞのいす」について、読むときの目安時間・対象年齢・絵本の内容・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
子どものころ、私も読んでもらっていたな♪

 

読み聞かせ時間の目安・対象年齢

読み聞かせ時間:4分30秒

対象年齢:3歳から~

※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります。

 

内容:こころがほっこり 優しくなれる絵本

この絵本は、うさぎさんが椅子を作ったところから始まります。

完成した椅子を、うさぎさんは大きな木の下に置くことに。

椅子の隣には「どうぞのいす」と書いた立て札を立てておきました。

そこへ最初にやってきたロバさん。

どんぐり拾いの帰りで疲れていたので、「どうぞのいす」の上にどんぐりを置いておひるねをします。

そこにくまさんがやってきて、どんぐりを全部食べてしまいました。

けれど、そのままにしておいては

「あとのひとにおきのどく」

と、はちみつを代わりに置いていきます。

…そんな風にどんどん動物がやってきて、椅子の上に置いてあるものが入れ替わっていきます。

さぁ、ロバさんが目を覚ましたときには、椅子のうえには何があるのでしょうか。

 

この絵本だいすきだから、何回も読んでもらいたくなるの。

 

魅力1.やわらかく優しい色合いのイラスト

この絵本のイラストを描いているのは、広島県出身の柿本幸造さんです。

実際に手に取ってもらうとわかるのですが、なんとも言えない、やわらかく優しい色合いのイラストなのです。

そして出てくる動物たちの表情も、ほんわかのんびりしていて、とてもかわいらしいのですよね。

昼間、なにか嫌なことがあったとしても、この絵本を開いてしばらく眺めていると、なんとなく心が落ち着きます

 

はちみつやパンも、本当においしそうなんだよね。

 

魅力2.繰り返しのお話が楽しい

3歳におすすめの絵本 でもご紹介しましたが、子どもは繰り返しのあるストーリーが大好きです。

最初にロバさんが来て、次にくまさん、その次はキツネさん…と、動物や置いていくものは変わりますが、ストーリーが同じ流れて進んでいくので、見ている子どもは安心しながらお話を楽しむことができます。

 

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

 

魅力3.出てくる動物たちの優しさ

次々とやってくる動物たちは、みんな「どうぞのいす」の上にあるものを全部食べてしまうのですが、みんなそのまま行ってしまったりはしません。

自分が全部食べてしまったままでは「あとのひとにおきのどく」と、自分が持っていたものを置いていくのです。

自分だけがいいのでなく、あとからやってくる人のことを考える優しい気持ち。

それを感じて、子どもたちも嬉しい気持ちでお話を楽しめるのですね。

 

Hanako
読んでいても、やさしい気持ちになれるわ。

 

まとめ

今回は「どうぞのいす」の紹介と、魅力をまとめてみました。

この絵本をめくりながら声に出して読んでみると、やわらかな絵と優しい動物たちのやりとりに、ゆったりとした時間が流れていくのが感じられます。

子どもにはもちろんですが、ちょっと疲れたな、と感じている大人にもおすすめの絵本ですよ。

よかったら読んでみてくださいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どうぞのいす [ 香山 美子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/12/22時点)

 

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-2・3歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5