2・3歳おすすめ絵本

「ねずみさんのながいパン」2歳~おすすめ絵本|あらすじと読み聞かせ時間

「ねずみさんのながいパン」は、2000年に発行されました。

以前ご紹介した絵本「だれかしら」と同じ、多田ヒロシさんが作られた絵本です。

 

 

今回はこの「ねずみさんのながいパン」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
親子で会話を楽しめる絵本ですよ

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間5 分  30秒(娘とのやりとりも入れて)

対象年齢 2歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

あれれ、ながいながいパンを持ったねずみさんが、どこかへ向かっていますよ。

どこに行くんだろう?

最初に見えた家は、長い階段があります。

ねずみさんが向かっているのは、この家かな?

見てみると……ちがった!ここはぞうさんの家でした。

ぞうさん家族が、みんなでりんごやバナナを食べています。

次はキリンさんの家。

その次はライオンさんの家。

どの家でも、家族みんなで楽しそうに食事をしていますね。

たまにドキッとしながらも、ねずみさんは家に帰ってきました。

ねずみさんの家族、いったい全部で何匹いるのかな?

 

魅力1.ほのぼのとした動物たちの表情がいい♪

この絵本には、ぞう・キリン・ライオン・うさぎ・ねずみの家族が登場します。

どの家も、ちょうどご飯の時間。

それぞれ大好きなメニューを囲んでの、一家団らんです

 

Hanako
どの家族もいい笑顔で楽しそう^^

 

魅力2.親子のやりとりが楽しめていい♪

ねずみさんが、長~いパンをかかえて急いでいる途中、いろいろな家が見えてきます。

それらの家は、住んでいる動物たちの特徴と同じ家なので、たとえばぞうさんだったら、長い鼻と大きな耳を思わせるような家です。

その家を見た子どもたちは、

「ぞうさんの家だー!」

想像して絵本をめくり、ぞうの家族がご飯を食べている様子が描かれているのを見て、大満足します。

 

Hanako
娘と一緒に絵本のページをめくりながら、最後までやり取りを楽しめましたよ

 

魅力3.楽しく数に親しめるのもいい♪

この絵本に登場する動物たちの家族は、人(匹?)数もそれぞれ違います。

ぞうさんの家族は3匹。

キリンさんの家族は、2匹。

うさぎさんの家族は?

そして、ねずみさんの家族は全部で何匹??

 

親子で一緒に数を数えることで、楽しく数に親しめます^^

 

Hanako
最後のねずみの家族はとっても大家族なので、小学生低学年でも間違えそうになるかも♪

 

まとめ

今回、図書館で借りてきたこの絵本の裏表紙に、作者・多田ヒロシさんの言葉を紹介された紙が貼られていました。

 

今の時代は家族という形を取りながら、それぞれがみな忙しく、子どもたちも塾通いなどで一人で食事を済ませる事が多い。父親も仕事からの帰宅時間がまちまちで、一家団らんという時間はほとんどなくなっているという現状を紹介※していました。

(中略)

テーマとして食卓を囲む楽しい時間を動物たちの特性を生かしてほのぼのと明るい雰囲気に仕上げようとして出来たのがこの絵本です。

※子どもがいる家庭での食卓風景がテーマのテレビ番組

 

多田ヒロシさんの言葉を読ませていただいて、改めて絵本を読み返すと、より多田ヒロシさんの想いが伝わってきます

だからこそ、こんなにも動物たちの家族の表情が、みな明るく、ほのぼのとしていたのですね^^

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る


  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-2・3歳おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5