やさいさん

0・1歳おすすめ絵本

「やさいさん」

子どもたちに大人気の絵本を次々と出しておられる、tupera tupera (ツペラ ツペラ)さんの絵本です。

ぱっと引きつけられるイラストの表紙を開いていくと、畑の土部分がしかけになっていて、「畑のなかにいるのは、何の野菜かな~」と、子どもとやりとりしながら楽しめます

今回はこの「やさいさん」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
楽しい絵本なので、6歳の娘でも「これ読んで~♪」と持ってきますよ。

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間3 分 40秒(今回は子どもとやりとりしながら読んだ時間です)

対象年齢 0・1歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

さぁ、これから畑に行って、野菜の収穫をしますよ。

最初に見えるのは、緑の葉っぱ。

「やさいさん やさいさん だあれ」

としかけをめくると、

「すっぽーん」と、にんじんが抜けましたよ。

次の野菜はなにかな?

あれあれ?野菜じゃないぞ!?

きみはだーれ?

魅力1.ぱっと印象に残るカラフルなイラストがいい!

tupera tupera (ツペラ ツペラ)さんのイラストは、はっきりとした色と、大胆な構図が魅力です。

そして、なんともいえないユーモラスな野菜たちの表情もおもしろい♪

まだあまり視力が発達していない 0歳の赤ちゃんでもよく見えますよ。

 

Hanako
ちなみにツペラツペラさんは、亀山達矢さんと中川敦子さん2人の夫婦作家さんです。

 

魅力2.繰り返しのお話が 0・1歳にぴったり

0・1歳の子どもたちは、言葉を吸収している真っ最中です。

なので、短い言葉で繰り返すストーリーの絵本がぴったりなのですね。

ゆっくり読んであげながら、「すっぽーん」としかけを開くと、ばーんと野菜が登場するので、小さな子どもたちも集中して見てくれますよ。

 

Hanako
年齢が小さい子に読むときは、

ゆっくりめに、はっきりと読んであげましょう。

 

魅力3.子どもとのやりとりが楽しめる♪

前述したように、この絵本はしかけ絵本になっています。

「やさいさん だあれ」と子どもに聞いて、「にんじん!」と答えが返ってきてから畑の土の部分を開くと、そこにはにんじんが。

あたりー♪と喜んで、次のページをめくります。

「これはだいこん!?」と思って開くとカブだった、など、大人でもちょっと引っかかってしまうところも面白いです。

 

親子で「これはなんのおやさいかな~?」と話しながら見るひとときも楽しいですよ。

 

「つぎは…じゃがいもー!」って、あてるのが楽しいんだよね

 

まとめ

「やさいさん」のご紹介をしました。

他に「くだものさん」という絵本もあり、こちらもおもしろいです。

この絵本には、ビッグサイズの大型絵本もあるので、大人数の読み聞かせのときにも使えますよ。

「やさいさん」、おすすめです。

 

※「育児に困ったときのおすすめ本 5冊」をまとめた記事をUPしました。

よかったらこちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

子育てに悩んだときのおすすめ本5選!【保存版】イライラ・ワンオペ・お金で困ったときに読みたい

  初めての子育てで、子どもとどう関わったらいいのかわからなくて… 子どもが言うことを聞いてくれなくてイライラしちゃう! 子育てって、いったいどれくらいお金がかかるの? 子育てだけでも大変な ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-0・1歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5