4・5歳おすすめ絵本

わるい王さまに立ち向かう!痛快な絵本「王さまと九人のきょうだい」

「王さまと九人のきょうだい」は、中国のイ族のあいだに伝わる民話をもとにした絵本です。

お話の面白さから、長年子どもたちに人気なんですよ。

今回はこの「 王さまと九人のきょうだい 」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
12 分の長い絵本ですが、お話が面白いのでまったく長さを感じませんよ。 

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間: 12 分

対象年齢: 4・5 歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

むかしある村に、「こどもがほしい」といつも思っている、としよりの夫婦がいました。

おばあさんがさみしくて泣いていると、白い髪の老人があらわれ、「ひとつぶ飲めば、こどもがひとり生まれる」という小さな丸薬を、九つ くれました。

おばあさんが丸薬を飲むとおなかがふくれ、九人のあかちゃんが生まれたのです。

九人が大きくなったころ、王さまの宮殿の大切な柱が倒れてしまいます。

王さまは困って、「柱をもとどおりにできたものに、のぞみのほうびをとらせる」とおふれを出しました。

九人のきょうだいの1人、「ちからもち」が宮殿に行って柱を直したのですが、王さまは「ちからもち」がこわくなります。

そこで、次々と難題を出してくるのですが、九人はいったいどうするのでしょうか。

 

魅力1.痛快なストーリーがおもしろい!

この絵本は、それぞれ能力を持っている 九人のきょうだいが、悪い王さまの繰り出す さまざまな試練を軽々と乗り越え、最後は王さまをやっつける、というお話です。

王さまが毎回、「これは無理よね!?」と思えるような試練を出してくるのですが、九人のきょうだいにかかれば問題なし!

次々と見事に試練をクリアしていくストーリーに、子どもたちもワクワクするのでしょうね。

 

Hanako
男の子だけでなく、女の子も好きな絵本ですよ。

 

魅力2.九人のきょうだいの能力がすごい!

九人のきょうだいは、それぞれにすごい能力を持っています

それはまるで、ジャンプのヒーローのよう。

ちなみに九人の名前「ちからもち」「くいしんぼう」「はらいっぱい」「ぶってくれ」「ながすね」「さむがりや」「あつがりや」「切ってくれ」「みずくぐり」は、能力をあらわしています。

国中の誰も持てない重い柱をひょいと持つ ”ちからもち” や、高い山の上から突き落とされても、しゅうっと足が伸びて谷底まで届く”ながすね” など、すごい能力を持っている九人に、子どもたちは憧れのまなざしも向けているのかもしれませんね^^

 

火の中にいれられても、ぜんぜん燃えない「さむがりや」とか、すごい!

 

魅力3.  お話のテンポと力強い絵がいい!

前書きで少し触れましたが、このお話はとても読みやすく、テンポがよいです

子どもも読み手もストーリーに魅了され、ぐんぐん引き込まれます

そしてこの絵本の絵は、「スーホの白い馬」の絵で有名な赤羽末吉さん。

九人のきょうだいの個性が表現されている顔や、わるい王さまの表情、大胆な構図などで、お話をさらに力強く魅力的に表現されています。

 

九人のきょうだいの顔がかわいくて好きなんだ~。

 

まとめ

「王さまと九人のきょうだい」について、ご紹介しました。

ワクワクする展開と痛快なラストに、「あ~、おもしろかった」と満足する一冊ですよ。

 

※「育児に困ったときのおすすめ本 5冊」をまとめた記事をUPしました。よかったらこちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

子育てに悩んだときのおすすめ本5選!【保存版】イライラ・ワンオペ・お金で困ったときに読みたい

  初めての子育てで、子どもとどう関わったらいいのかわからなくて… 子どもが言うことを聞いてくれなくてイライラしちゃう! 子育てって、いったいどれくらいお金がかかるの? 子育てだけでも大変な ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-4・5歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5