2・3歳おすすめ絵本

アリの世界をのぞいてみよう「アリのたんけん」3歳から|あらすじ・読み聞かせ時間

「アリのたんけん」は、2016年に発行されました。

世界的に著名な昆虫写真家、栗林 慧(くりばやし さとし)さんが、特別な機材を使って撮影されたもので、それこそ「アリ目線」の、迫力ある写真がたくさん載っています。

虫好きな子どもにはたまらない、そしてとくに虫が好きではない子どもにとっても、興味をそそられる絵本ですよ^^

 

今回はこの「アリのたんけん」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
保育園でもよく読んでいましたよ~

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  3分 10秒

対象年齢:  3歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

これから、クロオオアリと一緒に、おいしいごはんを探しにいこう。

最初に出会ったのは、トノサマバッタ。

アリから見たら、こーんなに大きく見えるんだね。

ダンゴムシも、オオカマキリも、迫力満点!

あ、目の前でカブトムシがケンカを始めた!

どっちが勝つのかな~。

そうだ、早くごはんを持って帰らなくちゃ。

いいもの、みつかるかな。

 

魅力1.すごい迫力の虫たちにくぎ付け

アリのたんけん ぴっかぴかえほん (ぴっかぴかえほん) [ 栗林 慧 ]より

見てください、この迫力!

人間にとっては手のひらサイズのオオカマキリだけど、アリから見たら、怪獣みたいに大きく見えるんですね!

 

表紙のアリの写真にしても、小さな毛の一本一本まで鮮明に写されています

こんな写真が取れるのは、栗林さんの開発された「虫の目レンズ」だからこそ。

 

Hanako
今にも動き出しそうな虫たちに、思わず見入ってしまいます

 

魅力2.アリになって虫の世界を探検

この絵本では、クロオオアリが自分の家から出てきてごはんを見つけ、家に帰っていくまでを、アリの気持ち!?になって一緒に体験できます。

大きなバッタや、スズメバチ、クマゼミやクワガタなど、いつも見ているおなじみの虫たちが登場するのだけれど、アリの目から見るとどれもこれもでっかい!

見るもの、どれも新鮮です。

草原を通り抜け、木に登り、ごはんを探すアリの探検は続きます。

 

Hanako
最後にアリがみつけたごはんは、意外なものでした

 

魅力3.「ここにいた!」アリ探しも楽しめる

この絵本には、さまざまな虫たちが登場します。

そしてどのページも、よーく見てみると、人間から見たアリの大きさが白いシルエットで描かれています

「どこにいるかな~?」

「あ、ここにいるよ」

と、子どもと一緒に白いアリを探すのも楽しいですよ^^

 

Hanako
ページを開くたびに、じっくりと隅々まで見てしまう絵本です

 

まとめ

「アリのぼうけん」のご紹介をしました。

栗林慧さんは、他にもアリ目線の絵本を何冊も出しておられます。

どれもおすすめですよ^^

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-2・3歳おすすめ絵本
-, , ,