小学校低学年おすすめ絵本

「ぼくはなきました」小学校低学年~あらすじ・読み聞かせ時間

 

「ぼくはなきました」は、以前ご紹介した、「おこだでませんように」の作者、くすのきしげのりさんの絵本です。

2019年3月に、発行されました。

 

今回はこの「ぼくはなきました」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
図書館でなにげなく手に取り、ぱらぱらめくって読んでいるうちに、目頭が熱くなった絵本です

 

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  5分  50秒

対象年齢:  小学校低学年から~

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

今度の参観日、「自分のいいところ」を発表することになった、ぼく。

でも、「自分のいいところ」は、思い出せないのです。

友だちのいいところは、いろいろ思いつくのに、自分のことを考えると、お母さんにおこられたことしか思い出せません。

「ぼくには、いいところがないんだ」

泣きそうになった  ぼく に、先生が教えてくれたことは……。

 

魅力1.人のいいところ・すごいところはよく見える

そうなんですよね。

人のすごいところは、本当によく見えます

私も、

「この人、すごい!」

と、しょっちゅう思っています。

 

自分の苦手なことや直したいところは、すぐにみつかるのですけどね。

 

魅力2. 自分のいいところが見えないときの苦しさ

人のいいところをみつけたとき、ついつい、自分と比べてしまうことって、ありませんか?

 

あの人はこんなにすごいのに、私にはできない

これだけすごい人がいるのだから、私がする必要ってあるのかな

 

などなど、そんな風に思い始めてしまったら、どんどん苦しくなってしまいます。

 

ぼく も、みんなのいいところはみつかるのに、自分のいいところが全然みつからなくて、泣きそうになってしまいました。

 

Hanako
それは ぼく でなくても、泣きたくなりますよね

 

魅力3.あたたかい先生の言葉と笑顔がうれしい

ぼく が困っていると、先生が来てくれて、話を聞いてくれました。

そして、ぼく のいいところを、紙に書いて渡してくれるのです。

 

本当にすてきな先生

 

先生が書いてくれた「ぼくのいいところ」」、なんだったと思いますか?

(ネタバレ注意)

 

それは、

ともだちのいいところを たくさんみつけられるのは、あなたのいいところですよ

と書いてくれたのです。

 

Hanako
本当に、友だちのいいところをみつけるには、それだけ友だちのことを見ていないとわかりませんものね。

 

まとめ

「ぼくはなきました」のご紹介をしました。

この絵本を読んだあと、娘も

 

ちょっと泣きそうになった

 

と言っていました。

何か感じるものがあったのでしょうね。

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-小学校低学年おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5