0・1歳おすすめ絵本

何が出てくるかな?「でてこい でてこい」大人もワクワク 0・1歳おすすめ絵本

「でてこい でてこい」は、葉っぱの形や、長四角、丸など、いろいろな形の中から、思いがけない生き物が「切り絵の形」で飛び出してくる絵本です。

以前ご紹介した、「はじめてのおつかい」 の作者、林明子さん作なんですよ。

 

今回はこの「でてこい でてこい」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
私自身、この絵本が大好きで、我が子にも、保育園でも、たくさん読んできましたよ♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  1分  10秒

対象年齢:  0・1歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

あ、緑の葉っぱ。

だれか かくれてるよ?「でてこい でてこい」

すると葉っぱのなかから、カエルがぴょーんと飛び出した。

今度はおうちのような形。

だれがかくれているのかな?「でてこい でてこい」

ぴょーんぴょん、とウサギが出てきた。

じゃ、この細長い四角の中からは、何がでてくるかな?

 

魅力1.「なにがでてくるのかな?」と、大人もワクワク

絵本を開くと、葉っぱ・おうち(テント?)・四角・丸など、いろいろな色のいろいろな形がバーンとあります。

この中に誰かが隠れているらしいのですが、ぱっと見は全然想像がつきません。

「なんだろう?」と思いながらページをめくると、「こんな動物がかくれていたんだー!」という驚きと楽しさが感じられる1冊です。

 

Hanako
今回ひさしぶりに1年生の娘に読んだら、

とっても楽しんでいました♪

 

魅力2.シンプルでわかりやすく、はっきりした色がいい

この絵本の絵は、はっきり・くっきりとして、まるで「切り絵」のようです。

そして、ユーモラスな生き物の動きやカラフルな色が、子どもたちの目をくぎ付けに♪

元の場所から飛び出したり、歩いてきたりする様子に、不思議と動きを感じる絵なんですよ。

 

Hanako
シンプルだけれど、それぞれの生き物の特徴をとらえた絵は、どれも見入ってしまいます。

 

魅力3.子どもも参加して、一緒に楽しめる

この絵本を何回か読んだあとは、1歳以上の子どもだと、なぞなぞにして遊びながら読めます

たとえば「だれかかくれてるよ でてこい でてこい」のあと、「誰がかくれてるかな~?」と子どもに問いかけてみましょう。

2歳くらいになると、すぐに「カエル!」と答えてくれるかもしれませんね。

そして次のページで答え合わせです。

「おー、カエルだね。あたりー!」

などと、子どもとやりとりをするのも楽しいですよ。

 

Hanako

もっと慣れてくると、子どもと一緒に

「でてこい でてこい」と呼びかけて楽しむこともできます♪

 

まとめ

「でてこい でてこい」のご紹介でした。

シンプルだけれど、子どもたちがとっても好きな絵本なんですよ。

紙も厚く、つるつるなので、小さな子が少々なめちゃっても大丈夫なところも嬉しいですね。

「でてこい でてこい」おすすめです。

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-0・1歳おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5