4・5歳おすすめ絵本

「やんすけとやんすけとやんすけと」4歳~おすすめ絵本|あらすじ・読み聞かせ時間

 

ユニークなタイトルの絵本、「やんすけとやんすけとやんすけと」は、日本の昔話をもとにして作られ、1988年に発行されました。

今も活躍中の一流画家、梶山俊夫さんの絵は、とてもイキイキとしていて、ぐいぐい引き込まれます

 

今回はこの「やんすけとやんすけとやんすけと」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
お話の展開もおもしろいですよ♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間 7分  40秒

対象年齢 4歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

ある日、きこりのごんさんは、狩人に追われていたきつねを助けます。

そのきつねがお礼にくれたつぼは、なんと、中に入れた物を何でも増やしてしまうのです。

試しに、息子のやんすけが持ってきてくれたおにぎりを入れてみると、おにぎりは食べきれないほど増えました。

もったいないので、やんすけがつぼに入ると、やんすけまでもがどんどん増えて大変。

このあと、いったいどうなってしまうのでしょうか。

 

魅力1.なんといっても話がおもしろい

この絵本、私も初めて読んだのですが、最初のページから、すっとお話の世界に入り込めます

出だしもさすがです。

きこりのごんさんは はたらきもの。

きょうも、やまで、おおきなきを きっていました。

ぽたぽたあせをながしながら、

それでも ぎいすこぎいすこ。

ね、もう続きが気になりませんか?

 

このあと、あらすじで紹介したように、ごんさんは、入れたものが何でも増える不思議なつぼを手に入れます。

 

まず、おにぎりを入れてみるのはわかりますよ。

でも、ごんさんの息子のやんすけ。

きみは入っちゃいけないんじゃ……。

 

あーあ、入っちゃったよ。そして、めちゃめちゃ増えてるよ。

 

その後、なんとお母さんが、手を滑らせてつぼを割ってしまうのです!

最後まで、ハラハラしながら目が離せません。

 

魅力2.躍動感ある絵に引きこまれる

この絵本は、お話も手書きの字で書かれています

その字がまた、味があるのです。

いきいきとした梶山俊夫さんの絵と字が、この絵本の世界にぴったり

 

Hanako
実際の絵本の大きさ以上の広がりを感じます

 

魅力3.明るくほのぼのした最後にほっとする

おかあさんが手を滑らせて、せっかくのつぼを割ってしまいます。

「あーあ」と、とてもガッカリするおかあさんですが、やんすけたちは気にしません。

 

娘も「いったいどうなるんだろう……」と心配そうに見ていましたが、最後は

 

楽しそう~♪

 

と、にっこりしていました。

 

Hanako
明るく元気なやんすけたちに、ほっとして、明るい気持ちになる絵本です

 

まとめ

今日ご紹介した「やんすけとやんすけとやんすけと」を、昨夜、小2娘に読みました。

最後まで読み終わると、

 

もうおわり~!?早い~!

 

とびっくりしていましたよ。

それだけおもしろく、絵本の世界にしっかり入って楽しんでいたのでしょうね^^

おすすめです♪

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-4・5歳おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5