2・3歳おすすめ絵本

展開にワクワク「そらいろのたね」3歳から・あらすじと読み聞かせ時間

 

1967年に発行された「そらいろのたね

この本を作られた、なかがわりえこさんとおおむらゆりこさんは、先日ご紹介した「ぐりとぐら」の作者なんですよ^^

 

 

今回はこの「そらいろのたね」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
この絵本も、子どもたちに人気です♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  5 分 30秒

対象年齢  3歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

ある日、ゆうじがお気に入りの飛行機で遊んでいると、きつねがやってきて飛行機を欲しがりました。

だけどその飛行機は、ゆうじの宝物。

「あげられないよ」と言うと、きつねはそらいろの種を出して、「これと取りかえっこしよう」と言ってきました。

ゆうじは飛行機とそらいろの種を交換し、種を植えてみます。

すると、なんということでしょう!

小さなかわいらしい、そらいろの家が生えてきたではありませんか。

その家はどんどん大きくなり、ゆうじの友達や、森中の動物たちが入れるまでになりました。

そこへきつねがやってきて、あることを言い出します。

そのあと、いったいどんなことが起こるのでしょうか。

 

魅力1.種から家が!?のワクワク感

まず「そらいろのたね」というだけでも特別感がありますが、この種を植えて水やりをすると、家が生えてきちゃうのです!

家ですよ!?

絵本を見ると、なんともかわいらしい小さな家が、ちょこんと生えています。

見ている子どもたちは、「えー!?家が生えるの??」と驚きながら、続きを楽しみに、わくわくしつつ絵本に集中します。

 

Hanako
「家が生えてくる」っていう発想、おもしろいですよね

 

魅力2.どんどん成長!楽しいね

このお家、なぜか不思議なことに、どんどん大きくなっていきます。

それはまるで「てぶくろ」のお話のよう

 

参考雪の日に読みたくなる!展開にドキドキの人気絵本「てぶくろ」

冬になると読みたくなるのが、この「てぶくろ」。 1965年に発行されて、もう55年も愛されている絵本です。 個性的な動物たちがつぎつぎとやってくるお話は、子どもたちも大好き^^ もしかしたら三世代で読 ...

続きを見る

 

お家のなかには、最初にひよこ、森の動物たち、そしてゆうじの友達が入っていきます。

そしてぐんぐん大きくなり、最後はお城のようにとてもりっぱな家になるのです。

 

Hanako
子どもたちは、「まだ入るのー?」とびっくりしながら見てくれます

 

魅力3.余韻の残るラスト!どう感じる?

大きくなったお家は、きつねが登場し、あれこれやりとりがあったのち、パチンとはじけてしまいます。

「あーあ」

なんともいえないラスト

思わず子どもたちに感想を聞きたくなりますが、ガマンガマン。

それぞれの小さな胸の中で、何を感じているのでしょうね^^

 

Hanako
いろいろな余韻が残るお話です

 

まとめ

「そらいろのたね」を読まれた方はご存じだと思いますが、絵本のどこかに、みんながよく知っているあの二人(二匹)が登場します。

娘も、みつけた瞬間、

 

あっ!〇〇と〇〇だー♪

 

と喜んでおりました^^

こういう遊び心のあるところも、大好きです。

 

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-2・3歳おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5