0・1歳おすすめ絵本

「うしろにいるのだあれ のはらのなかまたち」0・1歳~おすすめ絵本

2004年に発行された、「うしろにいるのだあれ のはらのともだち」。

ほのぼのとした絵をながめていると、なんだかゆったりとした気持ちになれます^^

 

今回はこの「うしろにいるのだあれ のはらのともだち」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

わたしもこの絵本、だーいすきです♪

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  2分 40秒

対象年齢:  0・1歳から~

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

あ、のはらにブタさんだ。

ブタさんの後ろにいるのはだあれ?

ちょっとだけ見えているのは、ヒツジくんかな。

ひつじくんの後ろに見えている頭は…うしさん。

ほら!ちょうちょさんも飛んできたね。

のはらの友だちが、つぎつぎとやってきましたよ。

最後は誰がくるのかな?

 

魅力1.いろいろな動物が出てきて楽しい!

この絵本では、「のはらのともだち」が次々と登場します。

表紙を開いた見開きには、ちょうちょを追いかけているカエル。(後からまた登場します)

全部で11種類の生き物が出てくるんですよ^^

そして、見開きいっぱいに描かれた生き物のそばに、次に出てくる生き物の一部がチラリと見えます。

 

Hanako
「次はなにが出てくるかな~?」と聞いてみると、2歳以上の子どもたちは「うしー!」など、元気に答えてくれて、楽しくやりとりをしながら読んでいけます。

 

魅力2.後ろ・上・下・前、位置の意味がわかる!

0・1歳さんにはまだ難しいかもしれないけれど、この絵本を読み進めていくと、「ひよこくんの上にいるのはちょうちょさん」「ちょうちょさんの前にいるのはカラスくん」というように、「後ろ」だけでなく、「上」「下」「前」という言葉も出てきます。

絵と一緒に見ることで、「後ろ」ってこういうことか、「上」ってこっちなんだな、ということがよくわかるのですね。

とてもよく考えられている構図なので、いつも見ながら感心してしまいます^^

 

Hanako
この絵本の絵の、やわらかな色ややさしい雰囲気も好きです♪

 

魅力3.最後のオチでびっくり!

のはらの友だちが順番に出てくるのを見ていたら、

あれあれ!?

最初のブタくんが、また出てきましたよ?

「どうしてかな?」

と思っていると、最後の絵を見て、なるほど納得!

「そういうことか」と、この絵本のすべてが理解できます。

これは大きい子や、大人の方が感動が大きいのではないでしょうか^^

 

Hanako
どんなオチなのかは、絵本を見てのお楽しみにしておきますね♪

 

まとめ

「うしろにいるのだあれ のはらのともだち」のご紹介をしました。

この絵本はシリーズになっていて、シリーズ最初の「うしろにいるのだあれ」や、「うみのなかまたち」「サバンナのなかまたち」などがあります。

どれもおもしろいので、よかったら見てみてくださいね。

そして、後ろの見開きに書いてある、作者のふくだとしおさんからのメッセージが書いてあります。

 

「自分のまわりをもう一度見てください。

きっと誰かいるから」

 

あなたのまわりにも、きっと誰かがいますね^^

 

「うしろにいるのだあれ」シリーズ絵本、おすすめです。

今日ご紹介した絵本の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェック!

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-0・1歳おすすめ絵本
-, , ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5