たまごのえほん

0・1歳おすすめ絵本

卵から何がでてくるのかな?わくわくしかけ絵本「たまごのえほん」

いしかわこうじさん作・絵の、とってもかわいらしい卵がたくさん出てくるしかけ絵本です。

はっきりした色と形の絵と繰り返しのストーリーは、0.1歳の子どもたちにぴったり

「ぱりっ ぱりっ」と卵のカラを割っていくと、中から何が出てくるのかな?

卵のカラをゆっくり開く瞬間、ワクワクしながらじーっと見ている子どもたちの表情もかわいいです。

 

今回はこの「 たまごのえほん 」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
 この絵本を読むときは、見開き左のページを読んだあと、

右ページのしかけ部分を 上・右・下 の順に開いていきます。

開いて読む、開いて読む、というように進めていくとよいですよ。 

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:  1 分  40 秒

対象年齢:  0.1歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

絵本をひらくと、そこには卵が。

「しろいたまご ぱりっぱりっ」

たまごのカラが割れると、中から出てきたのは「ぴよ ぴよ ぴよ」かわいいひよこ!

まんまるの卵、ちっちゃい卵、ながい卵など、いろいろな形や色の卵から、かたつむりやペンギンなどの赤ちゃんが生まれてきます。

 

魅力1.かわいいイラストにほのぼの

いしかわこうじさんの絵が、とにかくかわいいです♪

この絵がキライって人、いるのかなぁ?

いろいろな形のたまごから出てくるあかちゃんも、みんなかわいい^^

色と形がはっきりしているので、0歳の赤ちゃんでもよく見えますよ。

 

Hanako
私はカメのあかちゃんがお気に入りです♪

 

魅力2.楽しいしかけにワクワク

プレゼントの箱を開けるときって、ワクワクしませんか?

この絵本も、プレゼントを開けるときのように、卵のカラを開いていくところにワクワクします

しかけ部分を開くときには、ぜひ期待を高めるようにゆっくりと開いてくださいね

 

Hanako
2歳くらいの子に読むときは、卵のしかけの右から開くと生き物の顔が見えないので、それを利用してクイズができます。

「この卵から生まれてくるのは誰かな~?」と子どもたちに聞くと、「ヘビー!」など、喜んで答えてくれますよ。

 

魅力3.卵が割れる音もおもしろい

いろんな色と形の卵。

割れる音も、それぞれ違います。

「ぺりっぺりっ」「ぷちっぷちっ」「ばりっばりっ」など、音の違いでも、中から生き物が出てくるときの期待を高めてくれますよ。

 

Hanako
小さな卵が割れる音は少し高めの声で、大きな卵が割れる音は少し低めの声で読むと雰囲気がでますよ。

 

まとめ

「たまごのえほん」について、ご紹介しました。

この絵本は、「おでかけ版」として、かばんに入るくらいの小さなサイズの絵本もあります

おでかけのときに持っていると、病院などちょっとした待ち時間のときにも楽しめますよ。

「たまごのえほん」おすすめです。

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-0・1歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5