2・3歳おすすめ絵本

おばけ絵本の最高傑作「ねないこ だれだ」こわいけど、見たい~!

 

せなけいこさん作、1969年発行の「ねないこだれだ」は、311万部以上売れているロングセラーです。

独創的なお話とシンプルな貼り絵で、長年多くの子どもたちの心をぎゅっとつかみ続けています。

せなけいこさんのおばけ絵本の中でも1番の人気を誇る「 ねないこだれだ 」について、

読むときの目安時間・対象年齢・絵本のあらすじ・3つの魅力をご紹介します。

 

Hanako
子どもたちに大人気のこの絵本。もう何回読み聞かせをしたでしょうか。

 

読み聞かせ時間目安・対象年齢

読み聞かせ時間:   1 分  5 秒

対象年齢:  2・3 歳から

(※読み聞かせ時間は私が読んだときの時間なので、人によって多少変わります)

 

あらすじ

ねないこだれだ

時計が鳴ります。ボーン ボーン ボーン…

こんな時間に、起きてるのは…だれだ?

くろねこやどろぼうも起きているけれど…あれ?

まだ起きている子がいるよ?

夜中に遊ぶ子は、おばけにおなり~~。

おばけになって、とんでいけ~~~。

 

魅力1.せなけいこさんの貼り絵が魅力的

せなけいこさんの絵本の貼り絵は、生活の中で使われている紙を使って作られているそうです。

例えば文房具屋さんの包装紙や、請求書の封筒、ウイスキーの箱やようかんの包み紙などを、保育園などで使っている黄色いチューブの糊で貼って作るとのこと。

取っておいた紙を、丁寧にちぎったり切ったりして、「ねないこだれだ」などの名作がたくさん生まれてきたのですね。

せなけいこさんは、作品を作るときに欲しい紙がないと思い通りに作れないので、もらった紙は大切に取っておられるそうですよ。

 

Hanako
ちなみに「ねないこだれだ」の女の子のパジャマの柄は、請求書の封筒の裏の模様だそうです。

 

魅力2.ちょっとコワいお話が魅力的

はっきり言ってちょっと、いえ、結構コワいお話です。

だって、9時までに寝なかったことでおばけにされて、おばけの世界に連れていかれちゃうんですよ?

しかも、戻ってきません。

コワすぎます…。

子どもたちも、じわじわとコワさを感じてはいるのですが、なぜかこういうお話が好きなのですよね

 

わたしもコワいけど、何回も読んでもらったよ。

 

魅力3.せなけいこさんのおばけが魅力的

せなけいこさんの絵本には、おばけがよく登場します。

そもそも、せなけいこさん自身「おばけに会いたい!」というほどのおばけ好き。

絵本に出てくるおばけも、「コワいけどかわいい」と思えて、友達になれるようなおばけを描いたら、恐がりの息子も喜ぶかな、と思ったのがきっかけで生まれたそう。

目はギラリと光り、真っ赤な口はにやりと笑っているけれど、どことなくユーモラスな雰囲気が感じられるおばけは、子どもたちに大人気です。

 

Hanako
せなけいこさんは、他にも「てんぐ」「ろくろっくび」「からかさおばけ」など、

いろいろなおばけの絵本を作っておられますよ。

 

まとめ

「ねないこだれだ」について、ご紹介しました。

せなけいこさんは、他にもいろいろなおばけが出てくるおばけ絵本をたくさん作っておられるので、そちらもおすすめですよ。

今日ご紹介した「ねないこだれだ」の他に、年齢別のおすすめ絵本や、読み聞かせのコツなどをまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

絵本読み聞かせ 7つの効果とコツ&年齢別おすすめ絵本|親子のふれあいを楽しもう

読み聞かせっていいみたいだけど、どんな風にいいの? と疑問に思っておられませんか?   保育士歴20年・読み聞かせ歴25年、4人の子どもを子育て中のHanakoが、 読み聞かせで得られる7つ ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

Hanako

保育士歴20年・読み聞かせ歴25年のHanakoです。 現在、Webライターとして子育て・暮らし・保育コンテンツの執筆・制作をしています。 小学校や図書館の読み聞かせボランティア団体に所属。お話会を開催しています。 好奇心旺盛・おいしいものが大好き♪

-2・3歳おすすめ絵本
-, ,

© 2022 子育てお役立ちブログ Hanaカフェ Powered by AFFINGER5